株式会社 アルファインテル
(ALFAINTER TRAVEL INC.)
観光庁長官登録旅行業 第1835号 (第1種旅行会社)
Tel (03) 5473-0541
〒105-0003 東京都港区西新橋1-20-10 西新橋エクセルビル7階

  ワイナピチュ  Huayna Picchu

マチュピチュ遺跡の後方にそびえたつ標高2700mのワイナピチュ山



   ワイナピチュは、マチュピチュ遺跡の背後に
悠然とそびえる尖った山。とても登れるように
見えない急斜面の岩山だが、インカの時代には
見張り台のような役割を果たしていたと考えら
れ、斜面に残された往時の
登山道で登ることが
できる。

ワイナピチュに入山できるのは1日400人のみ。
朝 7:00 ~ 8:00 までに入場する第 1グループが
200人、
朝 10:00 ~ 11:00 までに入場する第 2
グループが200人となっている。事前予約が必
要で 3ヶ月前から
受付開始。そして入場は有料
で入場券購入後のキャンセルは払い戻しはな
い。結構人気が高いので早めに
手配しないと
希望日が一杯で取れないということも十分あり
える。スタート時間が早いので前日マチュピ

ュ村に宿泊するスケジュールになる。登山準備
として、ワイナピチュの登山道は足場も大変悪
く、危険
な箇所もあるので、滑りにくいトレッ
キングシューズがベスト。そして軍手も用意す
るべき。
登頂にかかる時間は約 1時間30分ほど。
当日、遺跡内に入ったら通常見学ルートでなく、
遺跡を横切った
ところにワイナピチュ登山の入
口がある。この入口で名前と入山時間を記入し
て登山スタート。
最初は下りが続くが、15分ほ
ど行ったところから、急に傾斜がきつくなり山
道も細くなる。ワイヤーロープ
を使ったり、手
で岩をよじ登るような険しい場所もあり、崖側
がふきっさらしな危険な場所もある。足元、

して周囲に十分注意しながら自分のペースで登
ろう。

ワイナピチュ登山の入口、開門前に長い行列が出来る。
ワイヤーロープを利用して急斜面を上っていく。
崖側に手すりはなく、ふきっさらしで緊張する。
山頂近くの山道は整備されてなく、手で岩をよじ登る。

頂上が近づくと眼下にウルバンバ川が見え、急
斜面には山崩れ防止の段々畑と貯蔵庫と思われ
る建物が建つ。ようやく山頂に到着。険しい山
道を登り、たどり着いた山頂からは目前に広が
るマチュピチュ遺跡と連なる山々の 360℃の絶
景を堪能できる。ただし山頂は巨石が積み重な
っている状態なので慎重に行動して欲しい。
そして下山もゆっくり慎重に。上りよりも十分
に注意が必要。

段々畑と貯蔵庫の遺跡が近くに見えてきた。
急斜面の石畳の階段は結構きつい。
遺跡に到着、いよいよ山頂はすぐ近く。
約1時間30分でワイナピチュの頂上に到着。

月の神殿
   

山頂から390mほど低い森の中にあり、
40分ほどかかる。
巨大な岩の隙間に造
られた神殿は神秘的な雰囲気に包まれ、
美しい石組みを見ることができる。

 

 

 

ワイナピチュ山頂は巨石が重なった不安定な場所だが素晴らしい絶景に魅了される。
ワイナピチュ山頂の下の遺跡付近からはマチュピチュ遺跡の全景、ハイラム・ビンガム道路、そしてインカ道の大展望が眼下に広がる、忘れえない絶景との遭遇。