株式会社 アルファインテル
(ALFAINTER TRAVEL INC.)
観光庁長官登録旅行業 第1835号 (第1種旅行会社)
Tel (03) 5473-0541
〒105-0003 東京都港区西新橋1-20-10 西新橋エクセルビル7階

標高 5000mの秘境 ペルーの新名所  レインボーマウンテン  

レインボーマウンテンは5000m以上の高地なので、マチュピチュに先に行き高地に体を慣らし、体調を万全にしてから行くプランをお薦めする。

レインボーマウンテン Rainbow Mountain

    2013 年頃から絶景地として注目されだしたのが、クスコから約 140km のレインボーマウンテン。七色の積み重なった地層が地表に露出した、その名の通り「虹色の山」。クスコ周辺の最高峰にしてインカの聖山アウサンガテ山群の山麓に位置し、正式名は「ビニクンカ山」。乾季にあたる 4 月から 10 月に行くのがお薦め。 個人で行くのは難しいので、ツアーに入るか、専用ガイドをクスコから手配することになる。ホテル発は早朝 5 時頃。農村地帯、山岳を抜け 2 時間ほどで小さな集落に到着。ここではトイレ休息と朝食。そして、車で約 2 時間走ったところが標高約4600mの Phullawasipata。 ここが登山口で、ここから約3km、約 2 時間のトレッキングが開始。ちなみに簡易だが有料トイレが一か所ある。

登山スタート地点、この付近に売店と有料トイレがある。
約4600mからのアンデスの山々の景色が美しい。

 



約 5000m の山上を目指すので、有料だが馬をレンタルすることをお薦めする。現地ケチュア族の係員が馬の乗り降りを手伝い、馬を引いてくれるので、乗馬をしたことがなくても心配はない。登山道からは雄大なアンデスの山々の景色がとても綺麗で、馬上から優雅にその景色を堪能することが出来る。ペルー名物ともいえる広大な草原に放たれたリャマやアルパカの群れに出くわすこともある。

登山の途中で、リャーマやアルパカの群れに出くわすこともある。
簡易な有料トイレ
馬のレンタルは現場でガイドが手配してくれる。

馬上から雄大なアンデスの山々の景色を堪能しながら、レインボーマウンテンヘ。



スタート地点から馬に乗って 40 分程、頂上付近の急な斜面は馬も行くことができない為、この斜面手前で馬を降りることになる。   ここから頂上までの約300m ぐらいが大変。標高は 5000m を越えているため、空気は地上の半分ぐらいなので大分苦しい。ほとんどの人は 5 歩ぐらい歩いて少し休息、また 5 歩ぐらいで少し休息といった感じ。ここを登りきる体力温存のためにも乗馬の利用をお薦めする。激しい息切れに襲われながら最後の坂道を登りきれば、ついに目の前に「レインボーマウンテン」が姿を現す。標高 5100mの展望台からの大パノラマの絶景に今までの疲れも必ず吹き飛ぶはず。ツアーには帰路途中にランチが含まれていて、クスコ市内には夕方 6 時頃の帰着になる。

頂上手前は急勾配なので馬から降りて登る。最後の難関。

頂上はすぐそこだが高地で急斜面のため、ゆっくりでしか登れない。

 

登頂成功、そこはまさに「虹の山」まさに絶景、連なっているカラフルな山々が一望できる。
頂上でカラフルなアルパカがお出迎え、酸素が薄く長時間の滞在は無理。

 

 

 

 



標高約 5000 メートルにある秘境から望める虹のように色鮮やかな山の美しい絶景が話題となり , レインボーマウンテンは、人気急上昇中のペルーの新名所だ。地層の成分により、様々な色が入り混じるように模様を織り成す、まさに「虹の山」。このような山は世界的にも珍しく、ここでしか見られない壮大な大自然はまさに絶景。この絶景は、5000 メートルという高地まで苦労して赴き、やっと遭遇できるので、この山の前にたどり着いた時の感動と思い出は生涯、忘れえぬものになるだろう。