株式会社 アルファインテル
(ALFAINTER TRAVEL INC.)
観光庁長官登録旅行業 第1835号 (第1種旅行会社)
Tel (03) 5473-0541
〒105-0003 東京都港区西新橋1-20-10 西新橋エクセルビル7階

ペルーについて

 南米大陸のほぼ中央の太平洋岸に位置し、エクアドル、コロンビア、ブラジル、ボリビア、チリと国境を接しているペルーはメソポタミア、中国、インド、メキシコと同様に古代文明発祥の源泉地である。
 紀元前6000 年までの石器時代には狩猟、採集を行う集落が形成されはじめた。紀元前2500 年前までには農業を行なう集落が形成され、ユカイモ、パジャール豆、キヌア、ジャガイモ、綿、トウモロコシの栽培を始めた。ヨーロッパの大航海時代のスペインによる征服に至るまでのペル―史は華々しく波乱に富んでいた。西暦900 年頃に発展した王国や地方都市群はそれぞれ確固たる文明を形成した。その代表的なものが、太平洋岸地域にチムー王国(ラ・リベルタ)やチャンチャン、山岳地域( カハマルカ)、熱帯雨林北東地域のチャチャポヤ国( アマゾナス) などである。そして西暦1400 年~ 1532 年、クスコを中心にアンデス全域に一大帝国を築いたインカの時代がその集大成である。
 1532 年からのスペイン支配により、インカ帝国の時代が終わりを告げ、他の中南米諸国と同様に、植民地時代を迎える。現在、ユネスコ世界遺産に登録されている首都リマの旧市街( セントロ) の中心にあるマヨール広場にはスペインの征服者フランシスコ・ピサロが礎石を据えたといわれるカテドラルや大統領官邸、政庁、市庁舎があり、周辺には同じくスペイン植民地時代の教会や修道院が点在している。 300 年近くもの長きにわたる植民地時代を越えて、1821 年7 月28 日、スペインより独立、ペルー共和国となる。
 現在、ペルーは古代から連綿と続いた文明とその遺物の恩恵を受け、南米一の観光国として、世界中の観光客を魅了しているが、ペルーには過去の文明や遺跡だけでなく美しいアンデスの山々やアマゾンの熱帯雨林など、多くの大自然の恵みがある。素朴でホスピタリティあふれるペルーの国民性や昨今、世界のグルメの脚光を浴びている美味しいペルー料理が、楽しい旅をさらに盛り立ててくれる。


ペルー基本情報

■正式国名:  ペルー共和国  República del Perú          
■首  都:  リマ (Lima):
■面  積:  128.5万㎢ (世界19位、日本の約3.4倍)
      〇南北の距離 : 約1,700km
      〇東西の幅  : 約1,200km
■人  口:  約3,200万人 (2018年)
■言  語:  公用語はスペイン語
■民族、人種構成:
       先住民45%、 混血37%、
       欧州系15% (主にスペイン系)、その他3%
■時 差:  日本よりも14時間遅れ
■気 候:  南米大陸のほぼ中央に位置し、南回帰
線の内側にあるため、緯度上では熱帯圏に含まれる
が地域によってさまざまな地理的影響を受け、異なっ
た気候となる。大きく3つのエリアに分けられ、約半                                                                                   
分を占めるのが熱帯雨林。次いでアンデス山岳地域、
太平洋岸に広がる海岸砂漠地域となる。南半球に位置
する為、日本とは季節が逆となる。
■宗教:  カトリック-85%、その他-5%
■政治体制、行政機関:
       立憲共和制。 議会は一院制 (130議席)
       共和制を取り、行政、立法、司法の三権分立
       を採用している。元首は大統領で任期は5年
■主要産業:製造業、石油・鉱業、商業、農業、建設業  

■月間平均気温 ※摂氏  (単位:℃)

 


■通貨:
通貨単位はソル Nuevo Sol (略号 ns/.) です。
その下ががセンティモCentimo となり、
100Centimo=1ns/.ソ ル 紙 幣 はns/.10、20、
50、100、200 ソ ル が あり、硬貨は s/.1、
2、5 ソルと 10、20、50 センティモ Centimo。
ホテルやレストラン、商店など数多くの店舗
で米ドルがそのまま使用できる。国内のほと
んどの都市にATM があり、大半が Plus(Visa)、
Cirrus(Mastercard/Maestro)、American Ex-
press などのネットワークにつながっている。
ヌエボソル又は米ドルでの引き出しが可能
だが、レートはたいてい割高となっている。