株式会社 アルファインテル
(ALFAINTER TRAVEL INC.)
観光庁長官登録旅行業 第1835号 (第1種旅行会社)
Tel (03) 5473-0541
〒105-0003 東京都港区西新橋1-20-10 西新橋エクセルビル7階

インカレイル

 マチュピチュへ行くための列車はインカレイル (INCARAIL) もある。運行開始してから10 年ほどだが、年々利用客を増やし、ペルーレイルとほぼ同数の毎日 15 本ほどの列車を運行している。列車発着の中心はオリャンタイタンボ駅だが、5 月~12 月はポロイ駅、そしてクスコ中心地区のサン・ペドロ駅発着列車もある。”Bimodal” という名称の列車があり、これはクスコ中心地から専用バスでオリャンタイタンボ駅へ行き、オリャンタイタンボ駅から列車でマチュピチュへ向かうシステム。列車カテゴリーは3種類あり (ボヤジャートレイン、360度マチュピチュ列車、ファーストクラス) 車両の設備、サービスが違い運賃が異なる。

360度マチュピチュ列車  THE 360℃ Machu Picchu Train     

日本人客の利用が最も多い
列車で車体は濃い緑色。
上部のガラス窓が大きく
“Terrace” という名称の
展望車両が付き、マチュ
ピチュまで車窓観光を満喫
できる。サンドイッチと
ドリンクのサービスがある。

 


車体は濃い緑色でオレンジと金色のラインがレトロな雰囲気
座席は革張りシートで天窓がより大きいのが特徴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

窓が大きく明るい車内でマチュピチュまで快適な旅ができる     ”Terracce” という名前の展望車両が連結されている

ファーストクラス  The First Class                                                   

インカレイルの高級列車で車体は 360 度トレイン同様の濃い緑色。座席は 4 席
向かい席と2 席向かい席で、2 席向かい席は夫婦とカップルに人気が高い。
食事とドリンクサービスが付き、バーカウンターもある。展望車両も連結され、
車窓観光も十分楽しめ、マチュピチュまで高級感ある列車の旅を約束してくれる。

座席は、2列、1列の配列なので、ゆったりくつろげる           
車内での食事も楽しみの1つ

 

 

 

 

 




 


360度トレイン同様に “Terrace” (展望車両) が連結されている    バーカウンターもあり、マチュピチュまでの旅を快適に過ごせる


ボヤジャートレイン  Voyager Machu Picchu Train

3 つのクラスの中で最もリーズナブルな列車が「ボヤジャートレイン」。この列車の車体はシルバーにオレンジラインでシャープな印象。内装はシンプルだが座席は本革仕立てで、天窓もあり普通列車として乗り心地は申し分ない。車内ではドリンクとスナックが提供される。

車体は濃いシルバーで上部が濃緑、オレンジラインが映える
座席は対面4座席だけだが座り心地は快適