株式会社 アルファインテル
(ALFAINTER TRAVEL INC.)
観光庁長官登録旅行業 第1835号 (第1種旅行会社)
Tel (03) 5473-0541
〒105-0003 東京都港区西新橋1-20-10 西新橋エクセルビル7階
2021年5月17日更新
日本の反対側にあたる南米への旅行には経由(乗り換え)が必要となります。
コロナ禍におけるドイツでの制限、規制についてのご案内となります。
出発国、目的国にそれぞれ規制があり、厳しい方が優先されます。
日本人の旅行に関するご案内です。
情報は最新となる様、心がけておりますが、日々変わる事情により、更新が遅れる場合があります。
ご利用時は改めてご確認いただく様、お願いします。
 
1.ドイツに入国または通過する乗客は、COVID-19検査結果が陰性である必要があります。
テストは日本発トランジットでは規制なく、ブラジル発はドイツ到着の72時間前までに受ける必要があります。
検査方法は抗原、PCR、RT-LAMPおよびTMAが認められています。
テスト結果は、英語、フランス語、またはドイツ語である必要があります。
※-これは6歳未満の乗客には適用されません。
 
2.ドイツ健康フォームのオンライン入力
ドイツが指定する南米諸国などリスク国からのフライト利用時には記入が必要です。現時点では日本は含まれません。
※ドイツの滞在地入力箇所で郵便番号の場所は適当な数字、他の箇所はTRANSITとご入力ください。。
※変異株流行地域に分類されている国(ブラジル、アイルランド、南アフリカ、英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)、ポルトガル、エスワティニおよびレソト*)からの便がドイツ到着48時間以内の検査が必要でしたが、すべての到着者が対象となりました。
 
2021年2月1日からドイツ発着のすべてのフライトにおいて搭乗中、および航空機を離れるときに医療用保護マスクの着用が義務付けられています。マスクはFFP2、KN95およびN95標準またはサージカルマスクのみが許可されます。
長距離フライトでは、いくつかのマスクを持参することをお勧めします。必要に応じて、手の消毒剤を持参してください。また、その場合は、液体の運搬に関する規則を必ず遵守してください。
マスク着用義務の免除は、陰性のPCR検査結果(認可されたもの)に加え、 ルフトハンザ グループ指定のフォームに記載された医師の診断書がある場合のみ受け付けられます。
日本による規制・制限はコチラ
ブラジルによる規制・制限はコチラ
ペルーによる規制・制限
 
3.ブラジル、およびアフリカ数か国からの入国が不可(トランジットは可)。
①これは以下には適用されません。
②EEA加盟国およびスイスの国民。
③オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド(代表)、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダから到着する乗客ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、またはスイス。
④EEA加盟国およびスイス国民の近親者(家族関係を証明の提示)
⑤ドイツ居住者の近親者(家族関係を証明の提示)
⑥EEA加盟国またはスイスによって発行された居住許可を持つ乗客。
⑦2020年12月31日より前にドイツが発行した居住許可を持つ英国国民。
⑧EEA加盟国またはスイスが発行した長期「D」ビザを持つ乗客。
⑨6か月以上、下記の国に居住していたもの
オーストラリア、大韓民国、ニュージーランド、シンガポール、タイの居住者。
⑩軍人⑪商船員⑫学生
⑬書面による招聘状とドイツ居住者の身分証明書のコピーを持つドイツ居住者の未婚のパートナー(宣言を持ち、彼らの関係の証拠を提示できなければなりません。)
 
 
4.ブラジル、およびアフリカの一部の国からは入国不可。
※これは、ドイツ国民および居住者には適用されません。
 
5.フランスのモーゼル県からは入国できません。
-これは、ドイツ国民および居住者には適用されません。
 
6.ブラジル、およびアフリカの一部の国からドイツを経由して以下には乗り継げません。オーストリア、ベルギー、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロベニア、スペイン、スウェーデン、またはスイス。
※これは、ドイツ国民および居住者には適用されません。