ホーム 都市紹介 フォスドイグァス
フォスドイグァス (Foz do Iguacu)

世界最大の爆布イグアスの滝はブラジル、アルゼンチン、パラグアイ三国が国境を接するパラナ河とイグアス河の合流点からイグアス河を25km上流に遡った ところに、「悪魔の喉」と呼ばれる大爆布が物凄い大音響をあげ、水煙を空高く150mも舞い上げている。この滝の落差100m、幅3700m、ナイアガ ラやアフリカのビクトリア滝よりさらに雄大である。

この滝は国立公園の真ん中にあり、多数の動物や野生蘭等の植物を見ることが出来る。動物では1mもある大トカゲや人懐こい鼻アライグマ、オオハシ、インコの類など大自然の中でのバードウォッチングも楽しむことが出来る。フォス・ド・イグアス市は小さな町だが、三つの国の国境に接しているので、珍しいお土産品もある。


都市名
イグアス
電話エリア番号 45
人口 319.189 (IBGE2008)
面積 617.701km2
気温 年間平均摂氏: 21度
最高平均は2月: 26度
最低平均は7月: 14度
標高 平均192m
座標 25º 32' 45”S  54º 35' 07”W
距離 サンパウロまで約1055km
主な空港
フォス・ド・イグアス国際空港 (Aeroporto Internacional de Foz do Iguacu)
イグアスの滝国際空港 (Aeropuerto Internacional Cataratas del Iguazu) アルゼンチン
主な観光スポット イグアス国立公園
ダスアベス公園
イグアスヘリコプター遊覧
マクコサファリ
概要
世界最大の大瀑布があることで有名。河を挟みブラジルとアルゼンチンの国境になっていて、それぞれ両側から観光ができる。約4kmの幅と100mの落差があり、奥まった一番大きな滝つぼ(悪魔の喉笛)は常に水煙で見えず、吸い込まれるほどに神秘的で圧巻。
滝の周囲はブラジル・アルゼンチン側両サイド合わせて40万ヘクタールが国立公園になっており、世界遺産指定。
街外れのパラグアイとの国境近くには世界最大の水力発電所・イタイプダムがある。
パラグアイとの共同事業で建設、その発電力はパラグアイ一国の電力を賄うほどの発力で、スケールの大きさは例えようがない。時間が設定されているが一般客の見学可能。
その他、世界中から珍しい鳥が集められているバードパークがある。150種900羽ほど所有。全長1kmの散策路が設けられている