ホーム 都市紹介 プエルトナタレス
プエルトナタレス (Puerto Natales)

プンタ・アレナスから北約250km。人口約2万人。ウルティマ・エスペランサ湾に面し、背後はチリ・パタゴニアのメイングランドとなるパイネ国立公園がある。 
街自体は小さく、パイネに入るトレッキング愛好家や観光客のゲートウェイの街で、観光産業に支えられている街。
市内見所は格別無いのですが、郊外の見所として、やはりメインはトーレス・デル・パイネ国立公園。


都市名
プエルトナタレス (Puerto Natales)
人口 約2万人
天気 (リンク) http://www.accuweather.com/ja/cl/magallanes-y-de-la-antarctica/puerto-natales/quick-look.aspx
高度 約0メートル
日本との時差 -13時間 (10月第2土曜~3月第2土曜までのサマータイム中は‐12時間 *年によりサマータイム期間が変わる場合があります。)
観光スポット ミロドン洞窟、トーレス・デル・パイネ、クエルノス・デル・パイネ、グレイ湖、アマルガ湖
歴史と特徴
トーレス・デル・パイネ国立公園
プエルト・ナタレスから北に約120km。総面積は約1630平方km。年平均気温が6~7度と自然環境は厳しく、年中強風に晒された自然公園。
猛禽類をはじめ、様々な水鳥など鳥類、哺乳類が生息し、圧巻は氷河によって削り取られて奇形に満ちた花崗岩の岩峰群。
3000m級の山々が、その名の通りタワー(トーレ)のように並び立ち魅了する。広大な公園の中にはたくさんの湖周辺は山々だけではなく、氷河の落ちるグレイ湖を始め、ペオエ湖、ノルディンス
キョルド湖など大小無数の湖に囲まれている。ノルディンスキョルドから流れ出るサルト・グランデ(通称:パイネの大滝)も見所の一つ。(強風に注意!)
周辺見所:
トーレス・デル・パイネ

パイネ山系を代表する3岩峰。デ・アゴスティーニョ峰2850m。セントラル峰2800m。モンツィーノ峰2700m。    
クエルノス山  
6つの峰を持つ、2600m級の山群。
グレイ湖 
グレイ氷河が落ち込む湖。湖と氷河を望むレストランでのお食事も観光客に喜ばれている。
アマルガ湖
湖面に映るトーレス・デル・パイネの雄姿はまた格別。チリフラミンゴも生息し、クワナコの姿も見るチャンスがある。

*その他、多数のトレッキングコースが設定されていて、周辺ホテルからの日帰りやキャンプの準備をして宿泊予定でのコース選びも可能。
(ただし、キャンプをする予定の場合は激変する天候などに備え準備に充分気をつける必要有り。)